読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生即ー春のボーナスステージ突入ー

3月某日

21時 

 

暖かくなってきた。

春は出会いと別れ、そしてストリートの季節だ。

この時期にストに出ないのはもったいない。

 

ということで本日はカモシカ氏と合流。

 

声かけスタート。

人も多く街の雰囲気は浮ついている。

が、1時間ほど経過し1LG。うーむ。

 

気分転換に今まで声かけしたことのない場所を開拓しようということに。

なんとなく良い場所を発見。がらの悪い人種はいない。カラオケやHUBもある。

 

 

歩いているとソロの案件とすれ違う。カモシカ氏に譲ってもらい

後を追って声かけ。

 

 

リーマン「よ。女子会帰り?これから二人で軽く2次会いこか。」

最近はもっぱらこのオープナー。 

 

JD「M駅ってどっちでしたっけ?」

 

オープン。 

スト値6.5。卒業式を控えたJDで、友達と飲んだ帰りとのことだった。

 来週には上京・就職するという。

 

リーマン「さっきまで友達と飲んでたんだけど飲み足らなくてさ、軽くつき合ってよ。」

 

JD「うーん、いいですけどお金があんまりなくて・・・」

 

たかり系かと勘ぐる。そうゆう案件は即放流だ。

 

リーマン「ならコンビニで缶ビールでも買って宅飲みしよう。それなら経済的だし。」

下心を感じさせないように爽やかに提案。

 

JD「うーん、まあいいですよ」と了承。

 (いいんかい!!)

 

移動中も楽しい雰囲気で和む。

どこ出身?仕事は?などのIOI満載の質問もあり、いけると確信。

 *IOI(indication of interest)女性から送られる好意のサイン

 

そのままコンビニで酒を購入→相手宅。

 軽く和み、その後は特にグダもなく即。

 

見た目スペックの割に恋愛経験は少ない子だった。

付き合った人数は2人。いずれも短期間しか続かなかった。

寂しかったのか、最後に何か思い出がほしかったのだろうか。

 

 

JD「来週から東京行くけど、またどこかで会ったら声かけてね!」

 

 リーマン「もちろん」

 

 

精神面も健全な良い子だった。

 

かのじょに幸あれ。