読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBA開幕まであと少し! 現役好きな選手ランキング トップ3

僕はバスケ部だった。

 

漫画「スラムダンク」に影響を受けた一人で、10歳からプレーを始めた。小・中・高・大学・社会人の現在まで続けているので、かれこれ20年近くプレイしている。

 

それと同時にNBA(National Basketball Association)観戦歴も長い。

 

 

NBAはアメリカのプロバスケットリーグであり、世界最高峰のリーグだ。

レベル・年収ともに桁違い(スーパースターは年収20~30億円。)。

 

 

僕がNBAを観始めたのは2001~2002年位からで、

きっかけは多分、父の影響だ。

 

父は競技経験こそないものの、NBAの雑誌やビデオをよく買ってきた。当時はyoutube

なんてなかったので、ビデオやBSの試合をたまに見る程度だった。

 

そんな中、僕が中学生の時にスカパーのスポーツチャンネル契約をし、ほぼ毎日NBAが観れる環境になった。

 

当時のNBAには、爆発的な人気を誇る「史上最も小さい得点王」アレン・アイバーソンを始め、

マイケル・ジョーダンの後継者」と称されるコービー・ブライアント

「肉体の奇跡」シャキール・オニール

そして僕が最も好きだった得点王、トレイシー・マグレディなどがいた。

 

あれから15年、

当時のスーパースターはほぼ引退し、今では新しい世代がNBAで躍動している。

 

 

今でもNBAWOWOWで観ているし、

レイオフの時期になると、仕事後に家で録画した試合を見るのが一番の楽しみになっている。

 

 

そして10月に入り、開幕が近づいた昨今、

 

「今好きな選手でトップ3て誰やろ?」

 

と、急に思い、現在のNBAで好きな選手を3人ほど挙げてみた。

*バスケ知らない人もyoutubeとかで見てほしい

 

 

 

 

第3位 ジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ

 通称「ひげ」

見た目インパクトありまくり。ひげが目印。ひげをそらない理由は不明。

 

196cmとサイズはないものの、得点力はリーグトップクラス。

1on1の得点パターンが多彩な技巧派タイプ。

特にステップバックのジャンプシュートは芸術。

 

 

第2位 ラッセル・ウエストブルック(オクラホマシティ・サンダー)

通称「ウエストブルックさん」

超精鋭のアスリート能力を持つ。2014年得点王。

闘争心をバチバチむき出しにするタイプ。総合格闘技とかやればメチャ強そう。

 

スピードにのったドライブからの、

そのままダンクでフィニッシュまでもっていける身体能力の高さは圧巻。

 

一回ひざの手術して、身体能力落ちるかと心配していたが全く問題なし!(野生の回復力!)

 

 

 

第1位 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ

通称「カリー」(普通に)

 現在のNBA人気NO1スーパースター。

2015年、2016年シーズンMVP、2016年得点王。

3P(エロくない意味)のNBAシーズン記録保持者。

  

超一流のシュート力とハンドリング力を生かし得点を量産。

特に3P(エロくない意味)は圧巻。

それが入るんすか?!と思うほど遠い場所や、早いモーションでバンバン高確率で決めてくる。

まさに「俺のシュート範囲は・・・コート全てだ・・・」と言わんばかり。

プレーに華があり、やることなすことが何かおしゃれ。

顔もイケメンでカリスマ性あり。

 

 

まとめ

 

普通に有名どころな選手なってしまった。

他にも好きな選手は沢山いるが、(基本的にテクニックと頭脳で戦う選手が好きだ)

とりあえずこの3選手を紹介。

 

2016-2017シーズンは10月25日に開幕!

 

おわり